ページビューの合計

2016年12月24日土曜日

上町台地を俯瞰する 〜大阪の歴史を育んだ台地〜

あべのハルカス60階展望室より「上町台地」真北方向を望む。
南北に走る真ん中の道は谷町筋。左手前は天王寺公園、住友慶沢園、茶臼山古墳。
その上方に見える緑地帯は夕陽ヶ丘の寺町地区。ここが昔の上町台地の西の端で断崖が海に落ち込んでいた。
左上方の高層ビル群あたりが梅田、御堂筋、堺筋のビジネス街。弥生後期、古墳時代は海の中だった。
谷町筋の右に見えるのは四天王寺。上方に小さく大阪城が見える。難波宮跡も大阪城の手前に位置する。
今やビル群に覆い隠されてどこが台地なのか分かりにくくなってしまったが、仔細に見るとその痕跡があちこちに見てとれる。


四天王寺
飛鳥時代574年に聖徳太子によりこの台地上に創建された

四天王寺の北。上町筋の延長線上に難波宮/大阪城(石山本願寺跡)が見える
いずれも台地の頂上部に建てられたことがわかる。


大阪城(石山本願寺跡)
ここが上町台地の北端であった
東方向、大和と河内を分ける二上山。
手前が河内(かつては湖/海だった)、山向こうが大和国(奈良盆地)。

西方向、大阪市街地を隔てて大阪湾、さらには明石海峡大橋、淡路島が遠く見える


谷町筋の果てにはキタ、梅田のビル街が展望できる。

四天王寺西門前
仏教寺院に鳥居という神仏習合の原初の姿だ


四天王寺境内
その四天王寺西門を出ると、大きな坂が急勾配で西へと下る。
ここが上町台地の頂上であることがわかる場所だ。
「大坂」という地名の由来の場所と言われている
(天王寺区逢坂。四天王寺夕陽ヶ丘界隈)



弥生時代後期〜古墳時代頃の大阪。
上町台地は海に突き出た半島(山塊と砂嘴で出来た)であった。
台地西側の現在の大阪市中心部はまだ海の中。東側の現在の河内平野は、淀川と大和川の流入による土砂によって海から切り離されて、河内湖に。後にはやがては土砂の堆積が進み干潟、平地へと変化してゆく。

江戸時代中期18世紀の大坂古地図
右側(東側)が上町台地部分(「御城」と「四天王寺」)
左側(西側)東横堀と西横堀に挟まれた船場。その西が西船場。さらに西が天保山。
大川の北は天満。南が長堀と道頓堀に挟まれた島之内


 あべのハルカス。JR天王寺駅前、近鉄阿部野橋駅上という立地。横浜ランドマークタワーを抜いて日本一の高層ビルとなったことと、周辺に遮る建物もないため大阪の街が360度展望できることで、新しい大阪の観光スポットとして大人気だ。とうとうあの通天閣が足元に見える仕儀となった。大型施設、新し物好きの大阪人が喜びそうな建物だ。しかしその構造は高さ300mにするためにビルの屋上に展望用に鉄骨を三段組み上げ「屋上屋を重ねた」ような作りだ。実際エレベータを降り60階の展望フロアーに降り立つとなんかユラユラ揺れているような気もする。外から見るとまだ工事中のように見える。どこか風格と威厳を感じるビルに見えないのはそのせいか?

 それはそれとして、私「時空トラベラー」にとっては、古代からの歴史の舞台「上町台地」全景を俯瞰できる場所が出来たということが画期的なのだ。今までは空から飛行機で見るしかなかったのだが、1500円(65歳以上はシニア割引で1000円!)払えば誰でも登って数々の歴史の現場を俯瞰できるようになった。もっとも、現在の上町台地は市街地の建物群に覆われてしまい、どこがそれなのか、にわかには判然としない状態になっている。しかし見る人が見ればいたるところに「台地」「半島」という地形とかつての海との高低差を、そしてそこで繰り広がられた人間のドラマの痕跡を確認することができる。茫漠たる市街地ビル群の風景の中にその地形的痕跡と歴史の証を見つける楽しみは何にも代えがたい。歴史は時々「マクロ的に俯瞰する」ことが大事だ。そうすることで一つの事象/事件が長い時間の中でどのような意味を持つのか見えてくることがある。また時代が異なっても共通の理(ことわり)が潜んでいることも理解する。ここ上町台地のように古代から歴史の舞台となった土地をこうして高いところから睥睨し俯瞰していると、時間を巻き戻しながら、脳内で眼前のビル群を引っ剥がして過去にタイムスリップする3D映像が妄想される。まるで時間の流れを俯瞰しているような感覚にとらわれるから不思議だ。

 実際、揺れのない高速エレベータを降り展望フロアーに立って目に飛び込んでくる大阪の大パノラマは感動ものだ。周辺にこのビルに匹敵する高さの建造物がないのでぐるりと見える。上町台地だけでなく、東は二上山から生駒山。西は大阪湾から遠く明石海峡大橋、淡路島まで見える。南に目を転ずると、足元の阪堺電車の先に住吉大社、堺をへて、紀伊半島の山々が眼に飛び込んでくる。飛鳥時代574年に創建された四天王寺から、7世紀大化の改新後の孝徳天皇の難波宮、16世紀後半戦国時代の一向宗石山本願寺、そして太閤さんの大坂城。大坂の陣で徳川方、大坂方(真田信繁)共に砦を築いた茶臼山古墳も真下に見える。日本の歴史の表舞台に登場したゆかりの場所がここ上町台地に集中している。各時代の権力者は高台を好む。文化は高台に生まれる。

 それもそのはずである。ここは弥生後期から古墳時代は海に突き出した半島(山塊と砂嘴で出来た)であった。現在の大阪のキタ/ミナミをつなぐ繁華街はまだ海の中。半島の西側の海岸べりに古代難波の津があった。また東側の現在の東大阪あたりの河内平野は、縄文時代には瀬戸内海とつながった海であった。それが弥生時代後期頃から淀川や大和川から流入する土砂が堆積しで海から遮断され、汽水湖(河内湖)になった。記紀にも神武天皇の東征軍は瀬戸内海から河内の海へ奥深く入り、生駒山麓の草香江の津から上陸して大和に攻め込もうとしたとある。河内は海/湖だったのだ。16世紀末、太閤さんが上町台地の北端に(もと一向宗の石山本願寺があった場所に)大坂城を築いた。やがて上町台地西側に船場、島之内、西船場という掘割に囲まれた東西南北の町割(太閤割)を開いた。こうして巨大な商業都市が生まれ、人/物/金が集まる難波/大阪は「天下の台所」として、さらには明治以降は「日本一の経済都市大大阪」として繁栄することになる。しかし、それは16世紀以降というのちの時代の話。それまではこの台地の上に全ての歴史の現場が集中していた。


 上町台地は西側の勾配が急である。四天王寺から難波宮、大坂城に続く上町筋が馬の背であるとすると、谷町筋から西は急速に勾配が落ち、松屋町筋へと下る。四天王寺西門から、今宮戎方面に向かう大通りは下り坂になっている。ここは「大坂」の地名の由来となった場所だと言われている。現在の町名も「逢坂」である。四天王寺創建当時は、この西門は西方浄土信仰の聖地であり、ここから西海に沈む夕日を拝むことができたという。さらに平野町/夕陽ヶ丘の寺町地区へ行くとかなりの崖になっているのがわかる。この辺りは太閤さんが街造りをするときに、摂津平野郷から多くの住人を遷して住まわせ、寺社を集めた。今でも崖の上と下に連綿と寺町街が形成されている。ここらには「天王寺七坂」がある。夕日が綺麗ななにわの名所として江戸時代から人気の場所であった。地名の「夕陽ヶ丘」も、ありがちな昭和的なネーミングトレンドから後世につけられた地名ではなく、古来より西方浄土に向かう夕陽を拝む土地という意味で、夕陽が美しく拝める崖っぷちであることから名付けられていたもの。この辺りの坂はどの坂も急勾配で、立ち並ぶ寺院の合間を下って行くと上町台地が海面に対して大きな高低差を持っていたことがわかる。実際大坂城あたりで標高は36メートルほど、天王寺あたりで16メートルほどだそうだ。

 上町台地が高台であるということを語るエピソードにはこういうのもある。父の世代の人の話を聞くと、昭和20年の大空襲で大阪の街が焼け野原になった時、上本町から大阪湾が見渡せたそうだ。坂の上から見渡す大阪の市街地は焼けて無くなってしまい遮るものもなかったというのだ。今では台地の断崖に位置する「天王寺七坂」に立っても、高層ビルが林立していて、大阪湾はもとより市街地の眺望も利かず、ここが高台であることを感じさせない。この空襲では、大阪城周辺の砲兵工廠などは徹底的に破壊された(その跡地がOBPオフィス街や大阪城ホールになっている)。惜しいことに四天王寺も金堂や五重塔など多くの堂宇が空襲で焼けてしまった(現在の建物は戦後鉄筋コンクリートで再建されたもの)が、上町台地は空襲を免れた地域が多かった。天王寺真法院町や北山町、上本町、高津、清水谷、真田山あたりは今でもお屋敷街の佇まいが残っている。谷崎潤一郎の「細雪」の船場の御寮人さん、いとはんの世界だ。船場の資産家のお屋敷はこの辺りであった。そうしたことから緑地が少ないといわれる大阪の街の中でも、このあたりは緑濃い山手の雰囲気を今も残している。勿論、多くの寺院が軒を連ねる地区も貴重な緑地帯と成っている。こうしてあべのハルカスの展望台から俯瞰するとき、そうした緑のあるスポットを探して行くと、上町台地という地形の記憶と、1400年の歴史の痕跡を見つけ出すことができるだろう。



2016年12月20日火曜日

入江泰吉旧居探訪 〜マエストロはどんなところで「歴史の情景」を生み出したのか〜

入江泰吉旧居

奈良市水門町。東大寺や戒壇院に近い閑静な地区に入江泰吉旧居はある。ちょうどこの日は春日若宮御祭りのお渡り式行列の日で、登大路や三条通りはすごい人出であった。しかし、一歩県庁脇から東大寺境内の西側に入るとそこは別世界の静けさ。入江泰吉旧居は、師の逝去後しばらくは空き家になっていたが、奥様から奈良市に寄贈され、整備され最近ようやく公開にこぎつけたという。これまでも奈良フェチの私は、奈良散策定番ルートであるこの邸宅の前を何度も往復していたのだが、うかつにもそれと気付かず、ここが入江泰吉師の旧居であることをようやく最近知った。その聖地公開と聞いて今日こそはとワクワクしながら門をくぐった。

 ここは元々の東大寺境内の一部であり、あたりには奈良県知事公邸や依水園、吉城園などの大きなお屋敷が立ち並んでいる地域だ。京都南禅寺界隈の別荘群と同様、奈良も東大寺旧境内界隈や、春日大社の杜に隣接する高畑町辺りは塔頭や社家をルーツとする邸宅・別荘地区になっている。広大な敷地を有する邸宅が白壁・築地壁に囲まれていて、外界と隔てられた特別な空間を形成している。そうした中にあって入江邸は生垣に囲まれオープンな感じだ。内が外から伺えると、秘密のバリアーに閉ざされた邸宅と異なり、意外にこじんまりした邸宅にみえる。しかし、吉城川の流れと河岸段丘の高低差ををたくみに取り入れた配置となっており、寺の塔頭の建物を移築した母屋と茶室と、のちに増築した書斎というコージーな住まいだ。庭はさして広くないが、母屋の縁側からは吉城川を挟んで向かいの森が望め、濃い緑と静寂な佇まいが借景として取り入れられた配置となっている。窓に近接して紅葉と椿の巨樹が枝を広げている。そのシーズンはさぞやと思わせる。とても落ち着くセッティングだ。「紅葉、綺麗でしたよ!この時期紅葉は終わってしまって残念ですが、間も無く椿の季節です。見事ですよ!」と案内の女性が誇らしげに説明してくれた。もちろん仕事場である現像室も庭の離れに再建されている。

 資本主義の論理と都会の生活に疲れた私の最初の印象は「こんなところに住んで見たい!」である。そもそも写真と大和路に心を奪われてしまっている私にとって、ここが理想的な棲家に見えたのは不思議ではないだろう。人生にとって住環境は大事だ。人の感性を磨き、心の豊かさを与えてくれる要素の一つは住まいだ。かつてロンドンの南の郊外ケントに暮らしたことがある。ここは「英国の庭園(Garden of England)」と呼ばれ、自然と人の営みの歴史が今に生きている田園地帯である。森と牧場と歴史的なマナーハウスという英国のauthentic life, quality of lifeを涵養する住環境であった。そこの田舎生活で体得した感覚が、すっかり都会生活に埋没してしまった今も蘇る。洋の東西、歴史的背景の違いこそあれこの奈良の入江邸はそうした感性を刺激する要素を揃えている。こういう環境の中でこそ創造的な思考と、人の心に響く情感を切り取る「心の眼」が養われるのだと。

 そもそも私が奈良大和路に憧れるようになったのも、写真が好きになったのも、すべてこの入江泰吉というマエストロのせいなのだ。学生時代に出会った入江泰吉の写真集。「入江調」と言われる独特の光と陰の階調に驚かされた。モノクロとパステルカラーの作品の数々に心奪われた。そこには現代から古代という時間の流れが写っている。飛鳥人(あすかびと)の情感が写っている。初めて「二上山残照」を見たときの衝撃。「大仏殿落日」の印象。モノクロ写真に記録されている田園風景には古代飛鳥京の情景。東大寺二月堂に至る小径を知ったのも師の写真から。観光客で賑わう通りをふと避けて一歩道を入ると「観光地」奈良にもこんな情感豊かな世界が残っている。あの頃の師の写真には古代大和の国の滅びのまほろばが写っている。

 師は言う。「現代の技術、機械であるカメラという媒体で、古代の情景や余韻、気配、歴史の心象風景を表現するのは不可能に近い。しかしその不可能に近いことを、あえて可能にできないだろうかと模索し、試行錯誤を繰り返しその難しさに挑み続けてここまで来てしまった」と。画家や文筆家とは異なり、筆と紙による表現では無く、写真という銀塩フィルム、いや最近は電磁的撮像素子というテクノロジーで情感を表現することのジレンマをどのように克服するか。そこにはテクノロジーと精神世界という共に人間が生み出した大脳皮質にまつわる領域の融合と相互補完、という哲学的な問いが含まれている。

 この理解は重要だ。今や誰でも綺麗な写真は撮れる。テクノロジーはそれを可能ならしめた。花はそれだけで綺麗だ。観音菩薩像はその存在だけで慈悲深く優美だ。東大寺南大門はそれだけで荘厳・雄渾だ。写真はリアリティーを撮す。しかし、師が言うようにその「科学の眼」だけでは心は動かない。その背後にある目に見えない情感や時間を表現するにはどういう感覚を持っているべきなのか。可視化されるリアリティーの後ろに紡がれる物語を語るにはどうすれば良いのか。入江調には表現されている余情や気配がなぜ私には表現できていないのか。なぜそこにある物語(story)を訴えかけることができていないのか。「カメラという科学の眼だけで撮るのでは無く、心の眼との焦点合致を図らなければならない」のだと。「自分自身のストーリー」を持つことが大事なのだと。そんなことをグルグル考えながら邸内を見学させてもらい、結局は「来館記念写真」をいっぱい撮って帰ろうと、忙しくシャッターを切っている自分に思わず苦笑してしまった。ふと目をやると壁にかかる師の肖像写真が「まだまだやなあ」と笑っている。


東大寺戒壇院に続く道すがらにある



お寺の塔頭を移築した母屋
土間のない玄関がその名残



師の肖像写真
その風貌はフォトグラファーのそれでは無く
文人墨客の風貌だ

なかなかのユーモアセンス

編集者たちと打ち合わせた部屋。
師はいつもこのソファーに座っていたという


壁面書棚のある書斎
増築した部分
趣味の彫刻や絵画を楽しんだ縁側テラス
こんな部屋が欲しい!



絵の具
仏像の彫刻
小さな石仏



書斎の座卓
ここで撮影の事前調査や、写真集の構想を練ったという

玄関あたり


塔頭名残の縁側


秋には窓辺が紅葉に染まる

応接間
亀井勝一郎、志賀直哉、会津八一、白洲正子や杉本健吉など各界の名士との交流があった。




一見平屋に見える建物だが、斜面に建っているので裏に回るとかなりの高さだ



庭園の一角に設けられた現像室
再現されたものだとか
引き伸ばし機



玄関左手の井戸と丸窓

丸窓が素敵だ
案内と行き方のご参考に:入江泰吉旧居公式HP



2016年11月28日月曜日

マンハッタンの都市公園に深まる秋を感じる 〜Central Park, Bryant Park, Washington Square Parkを巡る〜

 ニューヨーク・マンハッタン。人口稠密な大都会。林立するビル群。摩天楼の間から覗く四角く区切られた青空。季節感を味わうにはちょっと寂しい街のような気がする。ハドソン川とイーストリバーに挟まれた狭い中洲にビル満載といった景観のマンハッタンだが、しかしこの街のもう一つの特色は適度に散りばめられたオープンスペース、公園の存在だ。代表的な公園は言わずもがなのセントラルパーク。このいかにも広大で人口的に創造されたな長方形の公園は、実はコンクリートジャングルの中の緑のパッケージが凝縮した空間だ。マンハッタンの肺といっても良い。このほかにもワシントン・スクエアー・パーク、ユニオン・スクエアー・パーク、マディソン・パーク、ブライアント・パークと、意外に緑地が多い。特に秋のニューヨークは美しい。大きな街路樹やヨーロッパの街のような並木道はないが、公園の紅葉・黄葉が美しい。ちょっと公園を歩いてみよう。この人口的な街の人口的な公園に深まる秋の訪れを感じるじゃあないか。「自然」はこういう場所では人間があえて作っていかないと存在し得ない。それがうまくコラボすると街の魅力が生まれる。

 もう一つの大都会、東京も同じだ。意外に緑が多く季節の移ろいを感じることができる。実は東京のもう一つの魅力になっている。江戸時代の大名屋敷や寺社、江戸城などの広大な邸宅敷地、庭園が明治以降残されて、皇居や上野公園や代々木公園、芝公園のような緑地として保存活用されているからだ。西欧文明で言うところの「公園」としては日本も19世紀後半の明治期に整備されていった。まず日比谷公園が日本初の洋式公園として開園した。さらには六義園や後楽園、清澄庭園、浜離宮庭園などの大名庭園が残されていて市民の憩いの場となっている。これだけの人口密集大都会にしては結構な緑地密度だ。江戸のレガシーが近代に生きているのだ。有名な明治神宮の森が、林学者や植物学者の知恵で100年先を見越しながら人口的に創出された森である点はセントラル・パークの由来に似ている。

 一方、世界のもう一つの大都会、ロンドンは広大な公園が多いことで有名。こちらはハイドパーク、ケンジントンガーデン、リージェントパーク、セントジェームスパーク、リッチモンドパーク、ハムステッドヒースなど、一つ一つが広大な敷地を有している。もともとが領主の狩場であったり、邸宅であったり。ある意味では江戸の大名屋敷と類似のルーツかもしれないが、その広大さと、自然のまま今に至っている点は他の追随を許さない。むしろシティーやウェストエンドなどのオフィス街や商業地の方が後からできたのもので、都市の中に緑地を求めて公園整備したニューヨークや、「公園」概念を欧米から輸入して既存の寺社地や大名屋敷跡を「公園」指定した東京とは異なる歴史を有している。すごいとしか言いようがない。。

 さて、今回は秋も深まったマンハッタンの3つの公園をご紹介しよう。いずれも定番中の定番。しかし、何度訪れても心に響く都市公園。彩りと季節感あふれる都会の庭。I am in a New York state of mind. アップタウンのセントラルパーク (Central Park)、ミッドタウンのブライアントパーク(Bryant Park)、ダウンタウンのワシントンスクエアーパーク (Washington Square Park)だ。



1)セントラル・パーク (Central Park)

 アップタウン59丁目から110丁目まで南北51ブロックに渡る広大な公園だ。ルーツは19世紀初頭にアッパーマンハッタンの開発の一環として企画された公園だそうだ。マンハッタンは南端から人が住み始め、徐々に北へと開発されてた。従ってアッパーマンハッタンは人気もまばらで乱雑に居住地区が形成されていたようだ。あまり裕福な人々が住んでいたわけではなかった。そうした住人を追い出して公園や新しい街区を作る。都市再開発につきものの光と陰の歴史を刻む。公園自体は元々の自然の池や地形を生かしつつ、植栽を施し人口の森や牧草地を形成していった。しかし幾つも露出している岩山を爆破して道を通したり、作庭にはかなり苦心したようだ。今でもここに来るとあちこちに大きな岩が露出していて、マンハッタン島は巨大な岩山、いや岩礁であることが理解できる。岩盤がしっかりしていて地震も怖くないからあんな高層建築が次々と建てられたという訳だ。セントラルパークは1878年に現在の規模で開園された。当時、ニューヨークの住民は主にロアーマンハッタンに住んでいた。しかし、あたりには緑地も少なく、公園らしい公園もない。公開の空き地も乏しかったので、市民はこの公園の計画に大いに期待したが、なにせアッパーマンハッタンなのでセントラルパークまで行くのに時間とお金(交通費)がかかる、と開園当時は評判が悪かったそうだ。

 今や公園のイーストサイドにはメトロポリタン美術館、グッゲンハイム美術館、フリックコレクションや動物園、ウェストサイドには自然史博物館、ジョン・レノンが住んでいたダコタハウス、ストロベリーフィールズ、コロンビア大学。そして両サイドともニューユークを代表する高級住宅街となっている。そういえば国連大使公邸も総領事公邸もパークイーストにある瀟洒な建物だった。もっとも公園の北端はハーレム地区に接している。今でこそハーレムも治安が改善し、アポロ劇場のある125丁目など新たな観光地区として脚光を浴びているが、かつては足を踏み入れるのもはばかられる佇まいだった。セントラルパークの北端110丁目あたりはスラム街と高級住宅街が道路を隔てて接しているという、いかにもアメリカの光と影を象徴するようなエリアであった。セントラルパークもかつては治安が悪くて、20世紀後半はドラッグがらみの殺人事件や強盗の巣窟となっていた時期があった。夜はもちろん、昼間でさえ人気のないところは絶対避けるべし、と言われていた。80年代後半にニューヨークに赴任していた時には家族を連れて行ってみる気にもならなかったが、最近は劇的に安全になった。



秋深まるセントラルパーク


露出した岩が独特の景観を

プラザホテル
ロック


スケートリンク


シープメドウ



空から見たセントラルパーク
撮影機材:Leica SL + Vario Elmarit 24-90(最後の空撮写真を除く)


2)ブライアント・パーク (Bryant Park)

 42丁目と五番街の角にある。グランドセントラルやタイムズスクエアーの中間地点にあり観光客にも人気のスポットだ。セントラルパークなどと比べると限られたスペースの公園だが、ミッドタウンの中心に位置する貴重なオープンスペースだ。ニューヨーク公立図書館 (New York Public Library) が隣にある。五番街側から見るとまるでブライアントパークは図書館に付属する裏庭みたいにも見える。なんとその公園の地下は図書館の書庫になっているそうだ。オフィス街の便利なところにあるので周辺のビジネスマンの憩いの場所になっている。またニューヨーク・ファッションウィークなどの様々なイベント会場になる。この季節はアイススケート場がオープンする。この日はまたホリデーシーズンショップとしてファッショナブルでアートなお店がズラリと並んでいて楽しい雰囲気であった。ちょっと日比谷公園を彷彿とさせるポジショニングと規模感、雰囲気なので我々にとってもアットーホームな感じがする。実際、会社がすぐ近くのパークアベニューにあったので昼休みなどよく散歩したり、昼食にサンドイッチ食ったりした。ベンチの他、自由に動かせる椅子とテーブルがたくさんあるのでコーヒー飲んだり、喋ったり、気ままな雰囲気でくつろげる。なんとなくオシャレで、好きな公園の一つだ。ここへ来るとニューヨーカーになった気分を味わえる。

 元々はクロトン給水池(Croton Distribution Reservoir)があったところを、1884年公園として整備したものだそうだ。当時の奴隷解放運動家William Bryantの名を冠してBryant Parkとした。1899年には給水所跡に図書館を建設した(やはり図書館の方が後からできたんだ!)。20世紀後半になると、ベトナム戦争反対の大集会が行われたり、その後の厭戦気分や経済の停滞時期にはこの公園もドラッグ密売人の巣窟となったり治安が悪化。市民の憩いの場には程遠い存在になってしまった。そこで、公園再整備のための財団、団体を地元財界・市民が中心となって設立し、1988〜92年の間公園を一旦閉鎖して完全リノベーションを行なった。再開して今のブライアントパークがあるという訳だ。



ニューヨーク公立図書館

ブライアントパークの昼下がり

Citi Pondスケート場オープン!
図書館を背景に

子供達に人気のアトラクション


ファッショナブルな出店を眺めながら散策





エンパイアステートビルが見える









6番街側からの眺め

金曜日の夜はスケートを楽しむ家族で賑わう

夜も独特の雰囲気だ


図書館に付属するレストランも賑わっている

夜の公園も美しくロマンチック!

撮影機材:SONYα7RII + SONY EF 24-240


3)ワシントン・スクエアー・パーク (Washington Square Park)

 グリニッジ・ヴィレッジの中心にデンと鎮座ましましているランドマーク的存在の広場。シンボルの凱旋門は五番街の南端に位置している。1879年、合衆国初代大統領ワシントンの就任100年を記念して木造の凱旋門が建設されたが、のちに1892年に大理石の凱旋門に建て替えられた。ちなみにパリの凱旋門に似せたもの。公園の名は言うまでもなくそのワシントンにちなんだものである。

 17世紀オランダ人がマンハッタン島をネイティヴアメリカンから買い取って(ほぼ奪い取って)プランテーションを築いた時代は、ここにはネイティヴアメリカンからの襲撃に備える防御施設や農場、奴隷に与えられた土地があったそうだ。なんとオランダ東インド会社が支配していた地区だった。そもそもニューヨークはかつてニューアムステルダムと称していた(ここから南のマンハッタ島南端に位置していた)。長崎出島やジャワ・バタビアのオランダ商館でお馴染みの東インド会社はココにも進出していた。当時はオランダがイギリスに先んじて海洋帝国を築いていた時代。ニューヨークにはオランダの痕跡があちこちに見える。ハーレムもオランダ人が開いた居住地だった。ところでこの広場はかつて墓場であった時期もあり、今でも地下には多くの遺体が埋葬されたままだと言う。日本的仏教観で言うと、この公園には未だに成仏できない御霊が彷徨っているかもしれないと言うことか!19世紀になるとニューヨーク市当局により、ここに軍隊パレードのために広場が作られた。その後それが廃止になると、市民の憩いの場として整備された。ここもかつては20世紀後半にはヒッピーやホームレス、ドラッグディーラーがたむろするあまり好ましくない公園であったが、最近はすっかり改装整備されて安全で清潔な公園になった。

 しかしそんな歴史はともかく、団塊世代、フォーク世代にとって、ここは何と言ってもブラザーズ・フォアの「ワシントン広場の夜はふけて」でお馴染みの「広場」だ。当時高校生だった私は、ワシントン広場がどんなところか想像もできないままに、ギター片手に歌だけは学園祭で歌ったものだ。「そうかこんなところだったんだ」と初めてここに来た時は感激したものだ。今でも往年の「フォーク青年」が広場に集まって歌っているのを見ると、やはり青春のフォークの聖地なのだと認識させられる。この曲、実はヴィレッジ・ストンパーズというジャズ・フォークバンドがバンジョーかき鳴らしながら歌ったのがオリジナルで、ブラザーズ・フォアはカバーしていたんだということをずっと後になって知った。知らないことばかりで「昔はものを思わざる」だ。

 隣にはニューヨーク大学の建物群が立ち並んでいて、アカデミックでアルチザンな雰囲気に満ち溢れる地域であることを感じさせられる。高層ビルに囲まれたミッドタウンと異なり、空が広くて大きい。秋深まる公園の樹々や建物を夕日が照らし、いかにもヴィレッジの名にふさわしい佇まいだ。





プロテスターたちの集会場所としても「人気」

凱旋門からはエンパイアステートビルが
ここは五番街の終点なのだ。


西日が街路樹を赤く染める


往年のフォーク青年たち


深まりゆく秋の気配







New York大学職員住居
アパートなのだろうか?



撮影機材:Leica SL + Vario Elmarit 24-90